UPCYCLE PROJECT

 

SDGs

世界を変えるための17の目標12番、“つくる責任・つかう責任”。

私たちにはテキスタイルメーカーとしての、つくる責任とつかう責任が伴います。

 

この課題に対し、私たちにできることを今一度考えたい。

HaTaKaKe Upcycle projectは、そんな思いからスタートさせたプロジェクトです。

 

これまでのこと:

シーズン毎に新しい素材を開発し提案する。

私たちテキスタイルメーカーの仕事はそこから始まりますが、これらの用意したサンプルが製品にまでなることは少なく、おおよそは生地のまま、在庫として倉庫の奥で眠り、数年後に処分の時を迎えます。

提案用サンプルだけでなく、受注数量に対し納品数量が下回ることのないように、常に多めで計算し準備することで、糸も生地も、最終的に余剰がでます。

私たちはこれまでも、これらを再利用する方法を模索し、常にトライしてきました。

例えば、余った糸は機場から持ち帰り、ジャンルをわけて倉庫で管理しています。現場が近い産地ならではのモノヅクリとして、試しにヨコ糸に違う糸を持ち込み織ってもらうことがあり、そんな時にも素早く対応できる倉庫の糸は活躍します。

提案のための開発素材、既に廃盤になった糸を使用したため再現性のない素材など、倉庫に眠ったままになっている生地には、上から異なる加工を施します。すると、また違った表情を見せて輝きだします。

原料()はもちろん、既に織上がった生地も、また違った角度から活かしきることを心掛けています。

 

これからのこと:

環境やリサイクルに配慮した素材、オーガニックコットン(無農薬で栽培された綿花)を使用した製品作りを考えることも、これからの取り組むべき事項の一つではありますが、その前に私たちHaTaKaKeがまずとりかかるべきは、自社倉庫の奥で陽の目をみなかった、けれどもとても素晴らしい素材にもう一度光を当て、それらを製品に落とし込み、みなさまにご覧いただくことでした。

同時にHaTaKaKeが目指すのは、毎年更新される“流行り”に左右されないモノヅクリ。長く使用できる製品を手にしていただくことで、生産者の“つくる責任”と、消費者の“つかう責任”を果たすことができると考えます。

 

教育現場でSDGsを学ぶ時代に育った子供たちは、われわれ大人よりもこれら問題に対する理解と関心が大きいと聞きます。

彼らと共に、これからの世界のよりよい環境を守るためにも、今できることを一歩ずつ、私たちも現場から見つめなおしてゆこうと思います。